いらっしゃいませ。こちらでは、ドライマウス、口腔ケア、シェーグレン症候群に関連する本の情報をご紹介しています。
当サイトでは、書籍の販売・斡旋を行っておりません。詳細は書店までお問い合わせをお願いいたします。
ドライマウスの臨床
斎藤一郎(監修)/篠原正徳・中川洋一・中村誠司(編著)
いま、ドライマウス患者が急増しています。ドライマウスへの罹患は、口腔内不快感や口臭だけでなく、摂食嚥下機能の低下、誤嚥性肺炎、上部消化管障害などの原因となり、特に高齢者では肺炎の感染率が高く、重篤化し死に至るリスクが高まるため、その対処は重要な意味を持っています。
本書は、今日におけるドライマウス臨床の全貌を網羅した初めての書です。原因となる病態・疾患について詳説するとともに、診断に必要な検査方法、鑑別法、さらにドライマウスが与える多くの影響などを解説。日々の診療に役立つ代表的な症例についても紹介しています。
医歯薬出版・2007年/ISBN:978-4-263-44237-1
「現代病」ドライマウスを治す
斎藤一郎
「唾液」は「口」と「心」を潤す秘薬です。患者800万人、予備軍3000万人、必読の書です。
クッキーが食べづらい、会話するのが億劫だ、舌が割れて痛い、心当たりのある人は要注意。
講談社・2007年/ISBN:978-4-06-272439-5
中高年からのしあわせライフ いまからはじめる口腔ケア
鴨井久一・宮田 隆(編集)/安保 徹・荒木久生・飯野賀子ほか(執筆)
中高年の方を対象に、口腔ケアから始める幸せな生き方のノウハウが満載です。きれいな口腔の維持・管理についての知識を解説するとともに、要介護者の口腔ケアにもふれ、口腔機能維持のマッサージ法やトレーニング法を紹介します。全身の門戸である口腔機能の大切さを説く一冊です。
学建書院・2007年/ISBN:978-4-7624-0659-1
口腔から実践するアンチエイジング医学
斎藤一郎(編著)
口腔は全身の健康に深く大きく関与しています。従って、老化による心身の衰えを防いだり、QOLを高く保ちながら社会的生産性を維持することを目的としたアンチエイジング医学(抗加齢医学)における歯科の役割には大きなものがあります。
本書は、老化を自覚しやすい口腔領域から全身状態を把握するための診断法や対処法などをまとめた口腔から実践するアンチエイジングのガイドブックです。
医歯薬出版・2006年/ISBN:978-4-263-44220-3
チェアサイド・介護で役立つ口腔粘膜疾患アトラス
〜どこで見わけて、どう対応?〜
詳細
中川洋一
口腔内に問題を抱えた高齢者は少なくありません。その問題の1つが口腔癌やカンジダ症、口内炎などの口腔粘膜疾患です。
本書は、口腔粘膜の異変に出会った際それが「異常なのか正常なのか」「どのような疾患なのか」「どのくらい異常なのか」、そして「どのような対処が望ましいのか」がわかるよう、アトラス形式で平易かつ明確に解説しています。
高齢社会を迎えた今、チェアサイドや介護の現場できっと重宝されるに違いない1冊です。
クインテッセンス出版・2006年/ISBN:4874178987
↑ GO TO PAGE TOP
唾液による健康づくり−明日からの臨床に取り組む−
下野正基・奥田克爾(編著)
唾液は患者さんの口腔内状態を知るための有力な情報源の1つであり、最近では、唾液によるう蝕や歯周病のリスク検査を実施する歯科医院が増えていますが、さらに研究が進めば、唾液を通して患者さんの健康を歯科医院でチェックできる時代が訪れるかもしれません。
本書は、唾液に関する最近の研究とこれからの臨床応用の広がりの可能性を示し、歯科医療における新しいヘルスプロモーションのあり方を考えるための一書です。
ヒョーロン・パブリッシャーズ・2005年/ISSN:0289-0909
ドライマウス診療マニュアル
中川洋一・斎藤一郎
ドライマウスに関する様々な疑問に答え、原因に応じた対処法について解説しています。
口が渇く、のどが渇く、舌が乾燥する・・・口の乾燥に悩む患者さんに対応できますか?
悩んでいる患者さんにも待合室で読んで頂きたい本です。
永末書店・2005年/ISBN:4816011552
不老は口から アンチエイジング最前線
斎藤一郎
年齢を重ねても若々しく健康に過ごしたい。
そのために、医療の最前線では口と唾液の働きが大きな注目を集めています。唾液には若さを保ち老化を防ぐ物質が含まれ、噛むという行為は脳の老化と密接に関係があることがわかったからです。
口の老化は心身の老化。若さを保つためにはじめるアンチエイジング(抗加齢)医学のすすめ。
光文社(知恵の森文庫)・2005年/ISBN:4334783643
唾液は語る
山口昌樹・高井規安(共著)
唾液は身体を映す鏡。唾液にはすばらしい潜在能力があります。唾液の科学、唾液からなにがわかるか、唾液を用いた健康診断への挑戦、歯科を通した新しい医療の予感など、唾液の不思議を解き明かす本です。
工業調査会・2004年/ISBN:476937125X
介護職、看護職のための口腔ケアハンドブック 詳細
阪口英夫(著)
「口腔ケアはなぜしなくてはいけないんですか?」という基本的な疑問から、「口を開けてくれない人にはどうしたらいいんでしょうか?」などの技術的な質問まで、介護職、看護職の方のための現場に即した数々のノウハウが提示されています。
「口腔ケアが受け入れられるまで」というコラムでは著者の体験談が紹介されています。
好評姉妹図書:『口腔ケアQ&A』
中央法規出版・2004年/ISBN: 480582428X
↑ GO TO PAGE TOP
5分でできる口腔ケア
介護のための普及型口腔ケアシステム
詳細
角 保徳・植松 宏(編)
5分でできる口腔ケアは、厚生労働科学研究費補助金が交付された「高齢者における口腔ケアのシステム化に関する総合的研究」の成果の一つとして作成された普及型口腔ケアシステムです。
このシステムは、簡易で有効な口腔ケアを普及させるため、誰にでもできるシステム化した手法として開発されたものです。
口腔ケアが必要とはわかっているけれど、時間的制約もあり、具体的にどんな方法で行うのかがわからないという方にお薦めです。
医歯薬出版株式会社・2004年/ISBN: 4263441680
ドライマウス
あなたの口、乾いていませんか?
詳細
斎藤一郎
唾液が出にくくなり、口の中が乾いてしまう口腔乾燥症(ドライマウス)に悩む人が急増しています。放っておくとさまざまな病気のもとになるというドライマウス。その原因・予防・治療・QOL向上策まで、第一線の専門医によりわかりやすく解説されています。
付録:ドライマウス講習会受講歯科医師リスト
日本評論社・2003年/ISBN:4535982244
口腔ケアでいきいき 詳細
戸田恭司・森下真行(編・著)/安井良一・阿川真澄(著)
要介護高齢者に対する口腔ケアは、介護保険制度の実践の中で感心が高まりつつありますが、口腔ケアの対象者は高齢者に限られているわけではありません。乳幼児から成人の日常の健康維持はもとより、疾病にかかった場合の症状の改善や生命維持にとって欠かすことのできないものです。
口からの摂食のもつ重要な意味と、口腔ケアの具体的なポイントについて極力わかりやすく解説されています。
医歯薬出版株式会社・2003年/ISBN: 4263441559
乾燥するカラダ
坪田一男(編著)
現代人をむしばむドライ・シンドロームの現状と、各専門医による対処法。
「ドライシンドローム」とはすなわち「乾燥症候群」。現代人の「乾き」について注目した一冊です。 ドライマウスのほか、ドライアイ、ドライスキン、シェーグレン症候群、ドライバジャイナなどのドライシンドロームについて、各専門医が現状と対処法を紹介しています。
宝島社新書・2002年/ISBN4796627669
知っておきたい歯と口の健康学
西川義昌(著)
何かと気になる身体の部位=「歯と口」について、その基礎知識と日常的なケアの方法を図解でわかりやすく解説されています。歯のしくみと役割、虫歯や歯周病のメカニズムと実際、口腔の病気や細菌が原因で起こる全身疾患など、歯と口に関する素朴な疑問についてきちんとレクチャーした上でケアの仕方について教えるので、理解し、納得した上で実践することができます。もちろん歯と口に関する基本的な知識を得るためにも最適の本です。
山海堂・2002年/ISBN: 4381104439
↑ GO TO PAGE TOP
かんたん口腔ケア
患者さんのQOL向上をめざして
浦出雅裕(監修)/岸本裕充(著)
口腔と全身のかかわり、口腔の基礎知識からはじまり、ケアの手技、用具の使い方、病態にあわせたケアなどが豊富な図を交えて紹介されています。口の専門家が口腔ケアに取り組んできたノウハウに基づいて書かれた本です。
口腔ケアに役立つ商品一覧や治療薬などの役立つ情報もあります。
メディカ出版・2002年/ISBN: 484040349X
新シェーグレン症候群ハンドブック
アメリカシェーグレン症候群協会
シェーグレン症候群の患者で、アメリカシェーグレン症候群協会の創設者のイレーヌ・K・ハリスさんとアメリカの専門医によって、1991年に出版された同著の改訂版です。症状の解説、治療に関する情報などが大幅に改訂・追記され、シェーグレン症候群に関する最新の情報が網羅的に記された貴重な書籍です。和訳は、日本シェーグレン症候群研究会及び金沢医科大学の専門医によって行われました。
前田書店・2002年/ISBN:4944121083
口内炎、口腔乾燥症の正しい口腔ケア
南雲正男(編)
口内炎と口腔乾燥症の原因、発生機序、症状、疫学について簡潔にまとまっています。
口腔ケアについては、疾患別に患者の病態にあった的確な方法がやさしく解説され、具体的な治療方法も紹介されています。
医薬ジャーナル社・2001年/ISBN:4753219151
改訂版 唾液のはなし 詳細
押鐘 篤・覚道幸男・吉田 洋(著)
唾液をあらゆる角度から総合的に眺めた興味深い本です。
文科的視野からは、語源、ことわざ、文学作品や心理学における唾液などの多くの事例が紹介されています。
また、医学的見地からは、唾液の性状と組成、分泌機構、唾液腺の機能検査まで専門的な内容が紹介されています。
口腔保健協会・1999年/ISBN: 4896051513
口腔ケアQ&A
口から始まるクオリティ・オブ・ライフ
詳細
施設口腔保険研究会・日本口腔疾患研究所(監修)
口臭、歯周病、口腔乾燥、嚥下障害など、口腔の問題についてQ&A方式で書かれています。Qは、要介護者の病院や施設などの現場から、どのような疑問や問題があるのかを集約して、設定してあります。Aは、写真やかわいいイラスト入りで、詳しく解説されています。
挿入されている「ひとくちばなし」や「口のミニ知識」など、興味ある内容も満載です。
中央法規出版・1996年/ISBN: 4805815256
↑ GO TO PAGE TOP
シェーグレン症候群がわかる
スー・ドーフィン
「シェーグレン症候群〜忍びよる関節炎〜」の新版です。脚注や参考文献が一新されています。第2部として「シェーグレン症候群に打ち勝つために」が追加されています。
診療新社・1994年/ISBN:4915917312
シェーグレン症候群
〜忍びよる関節炎〜(第2版)
スー・ドーフィン
シェーグレン症候群の患者スー・ドーフィンさんが、医師や患者に対するインタビューや自らの経験をもとに病気について患者の視点から書いた本です。 自分の病名が診断されるまでに20年を要した苦しかった体験から、患者さんに愛を込めて語っています。
診療新社・1993年/ISBN:4915917185
↑ GO TO PAGE TOP